葉酸 効果

総合的に考える!葉酸の主な効果ラインナップ

総合的に考える!葉酸の主な効果ラインナップ

 

葉酸というのは、妊婦さんにとっては、しっておくべき栄養素であり、これは、胎児が体内で元気に成長する為に必要な栄養素です。

 

元々は体内で生成されるのですが、年齢の経過とともに減少し、不足してしまうので、外からの摂取が必須になってきますし、妊婦さんだけでなく、一般の人でも大切な成分と言えます。

 

妊婦さんには必要だけど、一般の私たちには・・・なんて考えている人は、その気持ちを改めるべきなのです。
そこで、葉酸は妊婦さん以外にも、一体どんな効果が期待できるのでしょうか?

 

まず、貧血ぎみという方は、葉酸不足の可能性があるので、積極的に葉酸を摂取すべきです。

 

それから、潰瘍性大腸炎やアルコール中毒、腎臓結石に肝疾患等は、葉酸が不足している可能性があるので、こちらも毎日の生活の中に摂り入れるべきなのです。

 

又、大腸がんや子宮頸がんを予防し、心疾患や脳卒中、骨粗しょう症や睡眠障害、エイズ、うつ病、アルツハイマーと、幅広い効果が期待できるのです。

 

勿論、まだまだ研究課程の段階の場合もありますが、それでも、もしも、本当だとすれば、これはかなりの医療分野での進化と言えるのではないでしょうか。
葉酸というと、ほうれん草に多く含まれているのですが、1つの食材だけでは、その量は限られてしまい、大量に食べないといけなくなるので、お勧めなのは、やはりサプリメントです。

 

適応粒を飲むだけというスタイルなので、毎日続けることができますし、味わう必要もないので、まずいなんて感じることもありません。
しかし、それでは何となく味気ない、という場合は、青汁というものもあります。

 

青汁は現在、様々なメーカーから販売されているので、どこがいいのか、まずは青汁の中に含まれる葉酸の量で比較してみるといいかもしれません。

 

他にも大切な栄養源が豊富に配合されている青汁こそが、妊婦さんにとっても、一般の男女にとっても、理想の健康食品と言えるのです。

 

不妊治療中の方に是非摂取してほしい葉酸パワー

総合的に考える!葉酸の主な効果ラインナップ

 

子供がほしくても、なかなか出来ない人っていますよね。

 

子供が多く誕生しても、虐待やネグレクトなんてする親もいて、そういった家庭を見ると、子宝に恵まれない夫婦にとっては、憤りを感じてしまうことでしょう。

 

年齢とともに感じる焦りとストレスは、益々不妊を助長させてしまうので、まずはリラックスした気持ちが大事なのです。

 

とは言っても、人間の気持ち、そう簡単にコントロールできるわけではありません。
勿論、ストレスだけが、不妊の原因ではなく、ホルモンバランスの崩れがそういう結果にさせてしまっていて、このバランスを崩す原因がストレスが加担していると言えるのです。

 

不妊は女性ばかりが原因とされている考えが強いのですが、実際には男性の側にも問題があり、染色体異常を持った男性の場合、葉酸不足によって、神経系に問題を持って生まれてくる確率が高いのです。

 

もしも、どうしても子供が欲しいと願うのであれば、葉酸は、女性だけでなく、男性も、しかも妊娠する前からしっかりと飲んでおく必要があるのです。
妊娠が分かってから飲むという人もいますが、それではもう遅かったりするのですから。

 

サプリメントは、多忙な方でも水と一緒に飲むだけなので、とても手軽なので、お勧めですし、最近では色んな種類のサプリが登場しているので、自分に合ったサプリを選んで、快適な妊婦生活を送りましょう。

 

 

 

2015/01/31 22:59:31 |

葉酸が流産を防ぐ理由

 

葉酸は、お腹の中の胎児の成長に欠かせない要素ですが、よく聞かれる話に、流産予防とされています。

 

どうして、流産しにくいのかというと、子宮内膜を強化してくれるので、出来上がった受精卵を優しく保護してくれるからです。

 

なので、妊娠中は、葉酸を摂取することが推奨される所以なのですが、それは女性ばかりではなく、男性においても、染色体異常によって出産しても、様々な障害を持って生まれる確率が高くなるので、男女問わず、毎日の生活の中で、葉酸はとても大事と言えるのです。

 

又、流産は、血中濃度が高くなるとなりやすいとされており、普段の生活の中で、不摂生をしていると、濃度はどんどん高くなってきますし、妊娠中は、つわり等があり、なかなか思うように体を動かすことができない、食べることができない、自律神経も乱れて、ストレスを溜めやすくなるので、益々悪循環になります。

 

そこでお勧めなのが、当然、葉酸であり、血液濃度を安定させる作用があることで、体の中に毒害が溜まらず、流産の危険性を回避してくれます。
勿論、絶対的とは言えず、年齢等の問題もあり、高齢になればなるほど、そのリスクは高まります。

 

流産の危険性だけでなく、妊娠初期は、神経管欠損症で、出産後に先天性異常が見られることもあるので、十分注意が必要なのです。
この神経管欠損症においても、葉酸は多大なる効果を発揮してくれ、元気な赤ちゃんを誕生させてくれることでしょう。

 

まずは、妊娠前からしっかりと葉酸を摂り入れることを忘れないでください。

 

2015/01/31 22:59:31 |

葉酸は、胎児の神経○○○障害に効果的!

 

葉酸は、お腹の中の赤ちゃんの生育に良いとされていますが、具体的には知らないという妊婦さんも多いのです。

 

勿論、元気な五体満足な赤ちゃんを産む為に大切な栄養素なのですが、もしも不足してしまったら、どうなってしまうのだろうか?って知っていますか?

 

必ずしも全員が全員、そのリスクがあるというわけではないのですが、あまりに極端に不足してしまうと、神経管閉鎖障害を持った赤ちゃんが生まれてくる確率が高くなるのです。

 

この神経管閉鎖障害というのはどんな障害なのかというと、先天的に脳や脊髄がくっついていない状態で、このまま誕生してしまうと、脳の発育に障害が出たりすることもあり、胎児のうちは生命維持することができますが、出産してから数日で命を落とすという、とてもリスクの高い障害なのです。

 

大切な命として授かったのに、大事な命なのに、それがすぐに死んでしまうというのは、とても辛いことですし、とても悲しいことです。
親としては、元気で生まれてきてほしいと願うでしょう。

 

その為には、まだお腹にいるうちから、葉酸を毎日摂取することを心がけることなのです。

 

アメリカやイギリスでもこういった症状を持った子供の誕生は増加しており、社会問題とされ、最近では、葉酸の重要性を見直す動向が増えてきました。
なんと、10年間で、神経管閉鎖障害児の数は1/10まで激減しているのです。

 

一方、日本では、まだまだ葉酸の浸透率は低く、妊娠中に葉酸不足から、この病気を持った子が生まれる率が増えているようです。

 

これは怖い話ですし、逆に、この症状を持っていると、胎児としては、生命維持が出来ても、出産から数日で命を落としてしまうことになりかねません。
せっかく授かった命が容易く消えてしまうというのは、お母さんも、周辺の家族もとても悲しい気持ちになるでしょう。

 

葉酸は、こういった怖い病気予防の為に、大切な栄養素であり、妊娠中は、絶対に不足してはいけないのです。

2015/01/31 22:59:31 |

葉酸を思いっきり摂ると、どうなる?

 

葉酸は、お腹の中で妊娠中に、胎児の成長の為に、どうしても必要な栄養素なのですが、体内で作られない為、外からの摂取が必然的です。

 

普段の食事から摂るとなると、かなりの量の食材を摂らなければならないのですが、あまり葉酸を重視した献立になると、ちぐはぐになってくるので、全てを食事から摂り入れようと思わずに、サプリメントで代用するという形も大事でしょう。

 

サプリメントには、大切な葉酸がぎっしり詰まっているので、一日に必要な目安量を摂取することで、葉酸補給が出来ます。

 

目安となる粒量がパッケージには記載されていますから、その通りに飲むことで、毎日必要量の葉酸を摂り入れることができるのですが、実は、この量が少ないと、もっと飲んでしまう人もいるのです。

 

勿論、これは薬ではないので、ハードな副作用というのは出ないのですが、やはりサプリメントにも、一日に必要な量と言うのが存在しますから、出来れば、その量を守って飲むべきです。

 

それでは、これ以上に飲んでしまうと一体どうなるのでしょうか?

 

本来、葉酸は、水溶性の為、体内で水に溶ける作用があるので、体への吸収率が高いものなのですが、吸収しなくても良い余分な成分については、おしっこ等で外に排出されることになるので、問題ありません。
ということから、大量に摂取しても問題はないのです。

 

しかし、ということは、多く飲めば多く飲むほど、効果が上がるというわけでもないですし、そして、おしっこに流されてしまうので、当然、毎日の摂取が必要になってくるのですね。

 

これには個人差があり、元々体が弱いという人は、下痢や便秘になったりすることもあるので、何かしらの症状が出た場合は、使用を止めて、医師に相談してみると良いでしょう。

2015/01/31 22:59:31 |

お酒を飲んだら、葉酸飲むな!?

 

お酒を飲んだら、運転するな!っていうテーマをよく耳にすることもあるでしょう。
勿論、お酒を飲んだら、車を運転したらどんなことになるのか・・・ある程度物心がついた子供でも分かることです。

 

しかし、大人になっても、なかなかそれが守ることができない人はいるから、交通事故が減らないのですね。
ところで、お酒と運転の関係はタブーとされていますが、他のモノとの相性はどうなのでしょうか?

 

薬とお酒はよくないというのはよく聞く話なのですが、それではサプリメントはどうでしょう?

 

妊婦さんにとって欠かせない葉酸という成分、妊娠初期の頃に多く必要とされる為、その頃のつわり等の症状から、あまり食欲がないという方も多いので、当然、サプリメント等で代用することが多いのです。

 

しかし、このサプリメントを通常の水ではなく、お酒で飲むようなことをしたら、一体どうなるんでしょうか?
元々、妊婦さんは、お酒を飲むことを控えられています。

 

その理由は、脳に悪影響で、障害を持って生まれてきてしまう可能性があるからです。
そのアルコールと葉酸では、やはり悪影響なのかというと、実はこの2つはとても相性が良く、大量のアルコールによる中毒を緩和させる作用があります。

 

そもそも、アルコールには、血中濃度を高くさせてしまうので、動脈硬化を起こしやすいとされています。
この動脈硬化を抑える働きこそが、葉酸であり、今日は大量に飲んでしまうという時こそ、葉酸サプリが効果的なのです。

 

又、お酒のお共として、おつまみを食べる人がいますが、このおつまみ自体に多く葉酸を摂り入れることで、大量に飲んだお酒で肝臓の負担を軽減し、大腸がん予防もしっかりと出来るということで、注目されています。

 

お酒を飲む人は、是非葉酸たっぷりの酒の魚を選んでみましょう。
そして、妊娠中は、絶対に飲酒止めましょうね。

2015/01/31 22:59:31 |

意外と知らない!葉酸とは、ビタミンの仲間!

 

ビタミンは、女性にとっては、無くてはならない存在であり、美肌の栄養素とされています。
ビタミンというと、水に溶けるという作用があり、体内に留まることがないので、毎日摂取しなければなりません。

 

その為、多く摂ったとしても、おしっこ等として外に排出されますから、どんなにビタミン豊富な食材を食べても、害になることはないのです。
そんなビタミンですが、実は、このビタミンという存在、葉酸も同じように、このビタミンの仲間なのです。

 

水溶性のビタミンには、ビタミンC、ビタミンB1、B2、B3・・・とあり、ビタミンB9こそが、この葉酸に当たります。
このビタミンB9は、ほうれん草等に多く含まれている為、葉酸を摂取したいのであれば、ほうれん草を多く食べるようにすると良いとされています。

 

つまり、妊娠中は、ほうれん草を中心としたレシピが推奨されており、毎日食べるようにするのがいいのですが、そうはいっても、毎日となると飽きが出ますし、いくら多く入っているからと言っても、1つの食材に対しての葉酸の量は限られているので、もしも一日に必要な葉酸量を摂取するとなると、かなりの量を食べないといけません。

 

そこで、お勧めなのが、サプリメントであり、これは一日に必要な量をカプセル状にしっかりと凝縮されているので、その目安量を飲むだけで、しっかりと葉酸を摂取することができるのです。

 

妊娠中、特に初期の段階では、つわりがひどいと言う人も多く、食欲がないので、青臭いほうれん草は出来るだけ避けたいという人も多いでしょう。
その際に、サプリメントは、手軽に味わうことなく摂れるということで、一番メリットが高いですね。

 

長く続ける意味でも、サプリメントは妊婦さんにとって、お勧めの葉酸摂取方法と言えるでしょう。

2015/01/31 22:59:31 |

腰痛になりやすい!?葉酸との関係性

 

葉酸は、赤ちゃんがお腹の中で元気に育つ為に、無くてはならない成分です。
しかし、体内では作ることができないので、外からの摂取が必要なのですが、この葉酸には、胎児の成長以外にも、様々な効果が期待できることをご存じでしょうか?

 

例えば、腰痛予防、あまり聞かれないのですが、葉酸には、腰痛や肩こりに効果を発揮するという報告があります。

 

それはなぜかというと、葉酸が赤血球を作る働きを手助けしてくれているからで、血液を作るということは、それだけ栄養分が全身に行き届きやすくなるので、血の巡りが悪くなって起こる腰痛や肩こりの予防、そしてなってしまった痛みの改善に繋がるわけです。

 

腰痛には、適度な運動と、バランスの摂れた食事が不可欠であり、その食事の中から、葉酸もしっかりと取り入れて上げる必要があるのです。

 

勿論、葉酸だけでは、体の機能を十分に活動させることは出来ず、プラスしてビタミンCであったり、様々な成分を配合してあげることで、より良い効果を発揮するのです。

 

デスクワーク等は、同じ姿勢になりやすく、座りっぱなしは、血液循環が悪く、1か所に集まり、そして筋肉も硬直してくるので、当然、血の巡りが悪くなり、冷え性の方は、益々助長させてしまうのです。

 

血流を良くするということで、冷え症にも良いですし、冷え性が改善されれば、肩こりも腰痛も緩和してきます。

 

そして、栄養分が全身にしっかりと行き届くので、皮膚再生力がアップし、美肌効果が実現、ウイルスに対する抵抗力が強くなり、風邪をひかない、そして病気になりにくい元気な体づくりが出来るのです。

 

冷えは万病の元と言いますから、まずは血の循環を良くすること、つまり、葉酸を摂取することを、日々の日課として心がけましょう。
勿論、葉酸だけではなく、ビタミン類だけではなく、バランスの摂れた食事を心がけてくださいね。

2015/01/31 22:59:31 |

胎児の脳の育成には、葉酸は必需品!?

 

子供が授かるというのは、とても嬉しいもので、有頂天になってしまうのですが、これから母親になるのですから、母親としての準備が必要になります。
出来れば、その前の段階からしっかりと体調管理をしなければなりませんし、胎児の脳の育成の為には、葉酸は必須なのです。

 

胎児は母親のお腹の中で細胞分裂を始め、成長していくわけですが、その際の活動を活発化させる為に葉酸はとても必要であり、そして、内臓や脳の生成にも大事な要素となってくるのです。

 

脳が生成されないとすると、お腹の中で、胎児は10か月の間、着々と成長してくるのに、体や内臓はしっかりと成長してくるのに、脳だけが妊娠初期のままの状態になってしまうわけです。

 

そのまま生まれてしまうと、体と脳とのバランスが崩れ、生命を維持していくことができずに、死を迎えてしまうことになるのです。

 

こういった状態になるのは、勿論葉酸不足が原因であり、勿論、葉酸だけが要因ではなく、たばこの吸い過ぎだったり、お酒の飲みすぎだったり、偏食ぎみだったり、睡眠不足、運動不足、ストレス過多なども影響してくるので、普段の生活習慣を見直し、改善していかなければなりません。

 

そして、毎日の食事はバランスの取れたものが良いのですが、その中で、葉酸を多く含む食材を中心に食べていくようにするのが理想でしょう。

 

とは言っても、妊娠初期の段階は、つわりが酷くなりやすく、食欲が出ずに、なかなかバランスの取れた物というのは難しいので、そういった場合は、サプリメントで代用するなどすると、毎日摂取しやすくなるのです。

 

お腹の中の胎児の脳の成長の為にも、葉酸を毎日摂取するように努めてくださいね。

2015/01/31 22:59:31 |

妊婦こそ、葉酸摂取で元気な子を!

 

葉酸というと、妊娠中に、元気な胎児を育てる為に必要な栄養素として有名であり、逆に不足してしまうと、出産の際に、脳やその他の器官に障害を持って生まれる場合が高くなってしまいます。

 

その為、専属医師に妊娠中は、多く葉酸を摂り入れるようにと勧められる場合も多いでしょう。

 

しかし、大事だと分かっていても、どうして大事なのか、そもそも葉酸にはどんなパワーがあるのかを知らずに摂取しているという妊婦さんもいるのです。
そこで、改めて、葉酸について、どんなパワーがあるのかを調べてみました。

 

葉酸の主な仕事は、ビタミンB12という成分が血を作る働きをしているのを、しっかりと助けてくれるという役目があります。
ビタミンB12だけで造血をするのではなく、葉酸があってこそ、栄養分豊富な血液を作ることができるのです。

 

つまり、貧血の人にとっては、まさに理想的な栄養素であり、特に妊婦さんは、胎児に栄養が行ってしまうので、貧血気味の人が多く、葉酸を摂り入れることで、不足してしまっている血液を作り出す効果があるのです。

 

又、その他にも、胎児はお腹の中で成長する為に、日々細胞分裂をしているのですが、その活動にも多く貢献し、出産の10か月目までに、しっかりと元気な赤ちゃんへと成長していくのです。

 

その為、この葉酸が不足してしまうようなことがあれば、当然、元気な赤ちゃんが育ちませんから、先天性を持った神経管欠損症等のリスクが高まります。

 

妊婦さんは、その為、一日に決められた量をしっかりと取り入れる必要がありますし、妊婦さんだけでなく、老若男女問わず、私たちの体にとっても、例えば大腸がんリスクを押させてくれるというこの葉酸を毎日摂取しなければならないのです。